いびき・睡眠時無呼吸症候群

マウスピースでいびき軽減

あなたのいびきは大丈夫ですか?最近では、睡眠時無呼吸症候群の方が増えております。

いびきを習慣的にかいている人は2,000万人以上おり、そのうちの約10%の200万人が寝ている間に何回も呼吸が止まってしまう、”睡眠時無呼吸症候群“だといわれています。

十分な睡眠こそ健康の源です。ところが、いびきをかいているのは眠りが浅い証拠で、その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活にさまざまな支障をきたしています。

s-IMG_0319

長く続くいびきは危険信号です!

長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと、高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねきます。習慣的にいびきをかいている人は、一刻も早く治療を始めることをおすすめします。

主な治療法

1.スリープ・スプリント(サイレンサー)と呼ばれる歯科装具を使用する方法

2.CPAP(シーパップ)と呼ばれる鼻マスクを通して陽圧空気を持続的に送る装置を使用する方法

3.扁桃腺や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法

まずは簡単で携帯にも便利なスリープ・スプリントが最適です。

いびき防止装置 「サイレンサーSL」

サイレンサーSLは、いびき専用マウスピースです(自由診療です)。

いびきは、睡眠時の下顎骨の後方移動により上気道が制限をうけることで空気の吸い込みスピードが加速します。

これにより気道の粘膜に振動が起き、いびきが発生します。

いびき防止装置 「サイレンサー」

サイレンサーをつけることによって

1.睡眠時の下顎骨の後方移動を防止する。

2.下顎骨を前方位に置き、上気道への空気の吸い込みを容易にします。

これによりいびきだけでなく、睡眠時無呼吸症候群などが軽減します。

医学的にも証明されている治療法・いびきによって引き起こされる日中の眠気が伴う

事故や仕事の能率低下を防ぐためにも、とても有効な手段です。

0480-44-8893

マウスガード・マウスピース製作に必要な型・噛み合わせなど

患者様の通われている歯医者・お近くの歯医者にて採ってもらうことができます。

歯医者さんと協力し、当技工所が製作をさせていただきます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

  • Q&A
  • FLOW
  • CONTACT